産業春秋/東京モーターショー2019

(2019/10/24 05:00)

東京モーターショーが、きょう開幕する。テーマは「オープンフューチャー」で、186の企業や団体が参加する。前回2017年(153)を上回り、異業種ではパナソニックやNTTが初参加となる。

独アウディなど海外自動車メーカーの参加見送りは、今回も相次いだ。入場者も1991年の約200万人をピークに前回は80万人を割り込み、減少に歯止めがかからない。

クルマのあり方も大きく変わろうとしている。「CASE」(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)と呼ばれる次世代技術が登場。テクノロジーのめまぐるしい進展は次世代の移動手段を確実に変える。

テクノロジーは情報の発信手段も変えた。メーカーは自社イベントや会員制交流サイト(SNS)の活用に力を入れる。費用対効果でモーターショーに魅力を感じない企業が増えていても不思議ではない。

モーターショーを伝えるメディアは新鮮味のない報道をしていないだろうか。クルマもモーターショーも社会のあり方も大きく変わる中、過去をただただ踏襲していないか。「若者のクルマ離れ」などと紋切り型の取り上げ方では、多様化する読者のニーズを満たせない。反省させられることも多い。

(2019/10/24 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる