社説/次期科技基本計画 人文・社会科学系の研究支援

(2019/11/7 05:00)

研究と社会の関わりにおいて、人文学・社会科学系の研究に期待が高まっている。人工知能(AI)が普及する上で、倫理学や法学の視点も必要になるなど、新たな変革に直面しているためだ。2021年度からの第6期科学技術基本計画に向けて、この議論を深めてほしい。

社会の課題解決はこれまで、自然科学系の研究成果に基づく科学技術が力を発揮してきた。しかし例えば、AIによる自動運転で生じる事故の予防や処理を考えると、それだけでは十分でない。倫理学、哲学、心理学、法学など、人文・社会科学系の知や解釈も必要になる。

しかし自然科学と人文・社会科学の間には一般社会が思う以上にギャップがある。自然科学系は、物質的な豊かさをよしとするなど一元的な傾向があり、客観性や論理の正しさを重視する。研究者は共同研究などで仲間を増やし、産業界など社会に成果をアピールすることにも積極的だ。人文学系は多元的で、現世代の問題点を指摘したり、社会に別の選択肢を提示したりすることができる。主観的な見方や、価値や意味の多様性を大事にする。研究者は個人で行動することも多く、熟考に重きを置く。そして社会科学系はこれらの中間といえる。

こういった特性の違いはソサエティー5・0の議論の場などでも、しばしば浮かび上がる。人文・社会科学系の研究者の力を引き出すには、両系の連携の努力を辛抱強く重ねる必要がある。

政府も科学全体を支援する意識が必要だ。現在の科学技術基本計画は「人文学・社会科学の研究は自然科学と融合する場合のみ」を支援対象としている。しかし津波記録の古文書の歴史学が、現代の災害研究に影響を与える例もある。それだけに次期計画においては、「対象を人文学・社会科学系全般にも広げよう」という声に、もっと耳を傾けたい。

次期計画は残り1年程度で固めることになっている。分断しがちだった両系の連携を進めて、社会がその果実を得るべく、議論を深めてほしい。

(2019/11/7 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる