産業春秋/国産ノリの危機

(2019/12/3 05:00)

例年、宮城県塩釜市で11月20日前後に始まるノリ(原料)の入札が、10月の台風19号の影響により1週間遅れの27日に始まった。この時期に収穫する一番摘みで作る「新のり(板ノリ)」は、香りと味がよく正月向けに販売される。

ノリの収穫は海水が下がる11月下旬から翌年の4月まで。今後も入札は各地で開かれるが、異常気象による海水温度の上昇で不漁が見込まれるため、十分な量の確保は難しい状況だ。

ただ板ノリの国内消費は、好調なコンビニなどのおにぎり向けが貢献し、2018年の国内需要は前年比ほぼ横ばいの約80億枚。一方、国内産は同約20%減の60数億枚。これを韓国や中国からの輸入品約18億枚が補っている。

そんな中、苦境に立たされているのが板ノリの卸や加工・販売業者たちだ。東京・日本橋の老舗の社長は「原料が高値続きで続けられるか」と弱気だ。同業者は80年代の1000社超をピークに、現在は600社前後に減少した。

海外はすしブームで需要は増加傾向だが、国産の板ノリが不足し、安定調達のため品質にバラつきのある海外品が取って代わる勢いで増えている。業者からは、“正しい和食文化”が十分に伝えられないという危機感が高まっている。

(2019/12/3 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる