機械設計1月特別増大号/産業用ロボット技術の最新動向

(2019/12/6 05:00)

日刊工業新聞社が10日に発売する月刊誌「機械設計1月特別増大号」は、「AIマニピュレーション・ロボットハンド・協調安全の最前線」を特集する。

三菱電機FAシステム事業本部の小平紀生主席技監が産業用ロボット市場の現状と技術イノベーションに向けた課題を解説するほか、大学や企業での取り組みをもとに産業用ロボット技術の動向を紹介する。

ロボット分野では人工知能(AI)の応用が進展し、産業用ロボットや周辺システムのインテリジェンス化ならびにフレキシビリティーにつながると期待されている。ロボットハンドの研究開発も進み、多数のセンサーを実装して機能の高度化が図られている。また、新たな安全コンセプト「協調安全/Safety2.0」に基づく協働ロボットのシステム構築も進められている。

特集では、大阪大学の原田研介教授が、ロボットを用いた製品の組み立てにおける、動作計画・制御の取り組みを紹介する。また、立命館大学の川村貞夫教授が、多様な対象物に対応する柔軟ロボットハンドの開発動向を解説。IDECが協調安全/Safety2.0に準じたロボットシステムと対応デバイスについて説明する。

(2019/12/6 05:00)

機械・航空機 2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる