産業春秋/気になる統計数字

(2019/12/13 05:00)

景気の先行きへの懸念が強まっている。有力な先行指標である内閣府の機械受注統計は9月に前月比18・7%減と大幅に悪化。12日発表した10月は同5・2%増と持ち直したものの、力強さは今ひとつだ。

日本製鉄会長で経団連副会長の進藤孝生さんは「今夏以降、急激に悪くなったことを実感する。消費増税前の駆け込みや、その反動など別の要素もあるだろうが、少なくとも『来夏の五輪までは大丈夫』という楽観論は通じなくなった」と警鐘を鳴らす。

日立製作所会長で経団連会長の中西宏明さんの見立ては、大いに異なる。「個々の企業で違いはあるだろう。しかし日立の受注状況は悪くないよ。米中関係の不安要素はあるし、実際に中国向けは落ちているが、それがすべてじゃない」とニッコリ。

経団連事務局幹部は「懸念されるほど悪化してはいない、というのが経営者の全体的な見方じゃないかなぁ」と首をかしげる。これに対し「経団連が率先して悲観論を言うわけにはいかないだろうけど、良くない分野も出てきたよ」と打ち明ける大企業の経営者も。

足元の景況判断の最重要指標である日銀短観はきょう発表。「景気は気から」と思いつつ、やはり統計数字が気になって仕方がない。

(2019/12/13 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる