産業春秋/北海道新幹線

(2020/1/14 05:00)

年末年始に北海道新幹線を初めて利用した。新函館北斗―東京間を往復した。片道4時間半弱の旅路だ。微々たるものだが、経営が厳しいJR北海道を応援する意味合いもある。

駅で海産物がたくさんある駅弁を買って乗り込んだ。青函トンネルを通る時には車内アナウンスの説明があった。北海道新幹線らしさを感じたのはその時くらいで、他は普通の新幹線と何ら変わりない。何度も乗るか、と言われれば考えてしまう。

北海道新幹線の乗車率は2018年度で24%と低迷。年間100億円近くの赤字が出ており、黒字化は30年度末の札幌延伸まで期待できない。JR北は東京―札幌間を所要時間4時間半で結び、航空機と対抗する考え。

移動時間で勝負が難しいなら別の価値を提供できないか。車両をビジネス仕様にしてデスクワークができるようにする。横になってマッサージや運動ができるリフレッシュルームを設ける。ミニコンサートや映画鑑賞などはどうだろうか。

札幌まで延伸しても、8割はトンネル区間で、風景はあまり楽しめないようだ。移動時の活動に価値を見いだす乗客を呼び込むことが必要だ。車両の高速化も重要だが、別の観点での取り組みにも知恵を絞ってもらいたい。

(2020/1/14 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる