産業春秋/パンドラの箱

(2020/1/15 05:00)

英国が欧州連合(EU)離脱を決めた国民投票から約3年半。いよいよ1月末に同国はEUを去る。離脱が決まった直後、よく言われたのは、英国はあらゆる災いの詰まった“パンドラの箱”を開けたという神話の言葉だ。

災いが顕在化するのはこれからだが、兆しはある。2019年末の総選挙でEU残留派で、英国からの独立を目指す地域政党スコットランド民族党が、改選前の35議席から48議席へと議席数を大幅に伸ばした。同党は早速、英国からの独立の是非を問う住民投票の実施に意欲を示す。

アイルランドの国境問題も火種。ジョンソン首相がEUと合意した離脱協定案では、英領北アイルランドは事実上、EUの関税同盟にとどまる。同地域が英国から独立してアイルランドと統一する機運が高まりかねない。

離脱問題がパンドラの箱である点はEUも同じ。英国は離脱後に大胆な規制緩和で“テムズ川のシンガポール”を目指すという。仮に成功すると、EUの加盟国の中から離脱の方が得策と思う国が出てもおかしくない。

神話では、箱は開いたものの急いで閉めたので最後に「希望」が残ったとされる。現代のパンドラの箱は3年半開きっぱなし。果たして何が残っているだろうか。

(2020/1/15 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

設計者のための実践的「材料加工学」
材料と加工を知らなきゃ設計はできない

設計者のための実践的「材料加工学」 材料と加工を知らなきゃ設計はできない

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

IoTセキュリティ技術入門

IoTセキュリティ技術入門

設計検討って、どないすんねん! STEP2
設計環境の変化に合わせて最新の手法を活用した仮説検証型設計

設計検討って、どないすんねん! STEP2 設計環境の変化に合わせて最新の手法を活用した仮説検証型設計

BOMで実践!設計部門改革バイブル
中小・中堅製造業の生き残る道

BOMで実践!設計部門改革バイブル 中小・中堅製造業の生き残る道

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる