産業春秋/マイナンバー特需

(2020/1/24 05:00)

昨年末に閣議決定した厚生労働省の2020年度予算案は、総額33兆円に迫る巨額。ただ大半は義務的な社会保障関係費で、個々の新政策の予算は案外、小粒だ。

それでも案件によっては額が膨らむものがある。目を引くのは768億円を計上した「医療情報化支援基金」。マイナンバーカードを健康保険証がわりに使えるようにするための経費だ。

19年度にも300億円を基金に入れており、合計で1068億円。これをシステム構築と、全国の病院・診療所に設置する端末の補助に振り向ける。伸び悩むカード発行枚数を一気に拡大するため、太っ腹な予算を組んだ。

マイナンバーカードは、表面にクレジットカードと同様なICチップを埋め込んでいる。ここに情報を記録すれば多くのサービスが効率化できる。民間企業も利用を切望しているものの、開放のハードルは高い。まず公的医療が先頭打者となる。

8月に仕様を確定し、22年度末までにすべての医療機関にシステムを普及する計画。ICチップのリーダーは必須だから、機器ベンダーにとってちょっとした“特需”かもしれない。せっかくの開発投資なので将来、利用対象を広げられるような柔軟で汎用性の高いシステムにしてほしい。

(2020/1/24 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる