産業春秋/髀肉の嘆

(2020/2/28 05:00)

古代中国の三国時代、蜀の劉備がまだ地方の小領主だった頃に自分の腿(もも)が太くなったことに気づいた。戦乱に明け暮れ、常に馬上にあった時はぜい肉などついていなかった。このまま老いてしまうのか―。劉備は嘆き、涙した。

この故事に由来する『髀(ひ)肉の嘆』という成語は、実力を発揮する機会を得られず、いたずらに時が過ぎていくことへの悲しみをいう。今もスピーチなどで時折、耳にする言葉だ。

新型コロナウイルスの感染への警戒から、イベントや会合の中止・延期が相次いでいる。商談の機会を失ったビジネスマンや、予約のキャンセルに苦しむ集客施設。活躍の場を奪われ、ぽっかり空いた無駄な時間にイラ立ちを覚える向きも多かろう。

人と会い、話を聞くことをなりわいとする報道メディアにも影響する。取材機会が減少気味だと筆も進まない。IT全盛の時代でも、対面取材の意義は薄れていないとあらためて感じる。

三国志の描く劉備は『髀肉の嘆』のエピソードの後、天才軍略家の諸葛亮を『三顧の礼』で軍師に迎えることに成功。快進撃で蜀の国を興した。嘆きを愚痴で終わらせず、チャンスをものにしたところが英雄たるゆえん。先人に習い、混迷の中に未来を見いだしたい。

(2020/2/28 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる