産業春秋/新型コロナウイルスの対応

(2020/2/27 05:00)

先般、サウジアラビアの首都リヤドで20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が開かれた。2日間の討議では新型コロナウイルス感染拡大への対応に多くの時間が割かれた。

世界経済への影響の不確実性が高まる一方とあって、共同声明には「世界経済の下振れリスクは根強い」との認識が盛り込まれた。企業のサプライチェーンの混乱も広がりを見せており、こうした認識に誤りはないだろう。

会議では緊急事態に対処する政策選択肢のメニューも話し合われたという。だが、声明に具体的な内容は見当たらない。感染拡大の深刻さに比べて、会議の本気度が足りない印象は拭えない。

コロナウイルス問題の震源地は中国。だが、中国の財務相と人民銀行総裁は、国内対策を優先して欠席した。感染の程度も他国とは問題にならない中国の代表が討議をリードすべきだが、批判をかわしたかったのだろうか。対応への具体策のなさと相まって、G20の意義を損なったとの批判も。

リスクへの対応は難しい。深刻になり過ぎ、被害や影響を過大視しては本末転倒だ。ここ数日の世界同時株安には、そうした面も見られる。G20が明確なメッセージを示せなかったことも、世界を不安にさせている。

(2020/2/27 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる