産業春秋/春暁

(2020/5/4 05:00)

「春眠、暁(あかつき)を覚えず」の起句で知られる漢詩『春暁』。盛唐の孟浩然の作で、五言絶句の中では最も親しまれているもののひとつだ。

春の花といえば日本では何よりもサクラだが、中国ではそれに限らない。前夜の強い風と雨で、花はどれくらい散っただろうか―という『春暁』の詩想は、盛りが過ぎて落花を迎える季節。晩春の今頃である。

一日を通じて過ごしやすく、天気も安定する行楽シーズン。外出自粛は辛い。しかし医療関係者や物流、スーパー、ライフラインの関係者ら、働かなければならない人たちに「外出」の機会を譲り、社会的距離を置くことを心がけたい。

自衛隊では「休むことも任務」なのだそうだ。作戦を持続するには隊員の役割分担が必要ということだ。コロナウイルスとの闘いでは、社会を守る役割を国民すべてが負っている。

『春暁』の作者は布団から出ないまま鳥の啼(な)く声で寝覚め、前夜に風雨の音が大きかったことを思い出す。そして窓を開けることもなく表の花の心配をする。ずいぶんとズボラな生活態度だが、ステイホーム生活が推奨される今の時勢にはぴったり。書棚から詩書を出し、珠玉の名句で心を清めるのも大型連休の過ごし方のひとつだ。

(2020/5/4 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン