産業春秋/三連休のススメ

(2020/5/18 05:00)

新型コロナウイルス感染症との付き合いは、これからも長丁場を覚悟しなければならないようだ。ビジネスパーソンにとっても、“新しい生活様式”による働き方が求められている。

経団連が企業のとるべき感染予防ガイドラインを策定し、その中で在宅勤務や時差出勤とともに、週休3日制を提唱している。電車通勤時の混雑やオフィスに人が集まる環境は、いわゆる「3密」の典型であり、その緩和こそ感染防止につながるとの考えだ。

確かに緊急事態宣言が出された4月上旬から、都心の電車は驚くほどすいていた。中国やインドではロックダウンで大気汚染が解消され、空がきれいになったことが歓迎されているが、日本でも「痛勤ラッシュ」からの開放で、改めて今までの日常が異常だったことが認識された。

日本能率協会がビジネスパーソンに行った調査によると、在宅勤務初体験者のうちの8割が、「コロナ収束後も在宅勤務の継続を希望する」という結果が示された。

すでに3連休を先行的に実施する企業では、生産性向上などの成果も出ているという。「月―金の定時に会社へ行く」という今までの常識をいかに変えていくか。企業も働く側も知恵を出し合い、実践に踏み出していきたい。

(2020/5/18 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる