産業春秋/外山滋比古さんを悼む

(2020/8/10 05:00)

古河電気工業社長の小林敬一さんは、社長に就任してから常にそばに置いている本が2冊ある。1冊は外山滋比古さんの『本物のおとな論』だ。

「この本を読むまで、社長は元気で明るいことが大事だと考えてきたが、落ち着いた声で話すことや、威張らずに腰が低い人が“おとな”なのだと、納得しながら読んだ」という。

英文学者でエッセイストとしても活躍した外山滋比古さん(96歳)が亡くなった。平易な言葉と短い文体でありながら、物事の本質をつく表現方法は、物書きにとって見習いたいものだ。大学受験の問題に外山さんの作品が多く取り上げられるのもうなずける。

代表作の『思考の整理学』は、初版から25年を経てベストセラーとなった。外山さんはそれについて、「今の若い人たちが、世の中の変化を感じ取っているせいでは」と分析した。日本の教育は、決められたとおりにやれる能力を育ててきたのに、「自ら考える力を持て」と言い出すのは矛盾している、と指摘した。

若者には「本を読むだけでなく、まだ答えの出ていない問題を知るために、新聞を読んで考える力を養ってほしい」との助言も。産業人にも若者にも大きな影響を与えた方だった。

(2020/8/10 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる