産業春秋/宇宙開発の精華

(2020/6/2 05:00)

米国の宇宙船『クルードラゴン』が2人の宇宙飛行士を乗せた試験飛行で、無事に国際宇宙ステーションに到着した。民間による有人宇宙船は世界初。宇宙ビジネスの大きな一歩だ。

米国のニュースとはいえ日本も無関係ではない。今後の乗員輸送には野口聡一宇宙飛行士が搭乗予定で、日本にも安全確認の責任がある。従来のロシアの宇宙船に比べて「情報が得やすくなった」と宇宙航空研究開発機構の担当者。

技術進歩は心強いが、日本側には複雑な思いもある。新型宇宙船を打ち上げた米スペースXの『ファルコン9』ロケットは、こなれた技術で小型エンジンを開発。これを9基並列運用するクラスター技術と、再利用する技術によって圧倒的な低価格化を目指している。

日本は宇宙ステーション補給機『こうのとり』などで実績を積む一方、最先端技術を投入した新型ロケット『H3』を今年度中に打ち上げる計画。性能はファルコンを上回るが、使い捨てのため価格面では米国と差がつく。「国力の差とは言いたくないんですが…」と開発担当者は口ごもる。

宇宙開発は一国の技術力の精華。短期間で追いつくことは出来ない。民間の力も活用し、切磋琢磨(せっさたくま)して遠い宇宙を近づけてもらいたい。

(2020/6/2 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる