産業春秋/夏越の祓の日に

(2020/6/30 05:00)

きょうで今年も折り返し。年初は、令和初の正月や夏の東京五輪・パラリンピック開催への期待で浮き立つ気持ちだった。その後の新型コロナウイルス感染症で、世界は一変した。

古来、6月30日は「夏越の祓(なごしのはらえ)」の日。神社の境内に茅で作った大きな輪を掲げ、決まった作法で輪くぐりをする。日々の暮らしの“穢れ”をはらい、年の後半に向けた英気を養えると信じられてきた。

茅の輪の由来は日本神話だ。旅人に姿を変えた須佐之男命が、ある兄弟に一夜の宿を求めた。裕福な弟は断ったが、貧しい兄は手厚くもてなした。旅人は感謝の印として茅の輪を授け、兄一家はそれを身につけ疫病にかからず、健やかに過ごせた。

夏越の祓には別の風習もある。京都を中心に関西では、6月の旧称をとった「水無月(みなづき)」という菓子が知られる。これを30日に買いもとめ、厄払いと暑気払いにする。甘い小豆をのせた三角形のういろうは初夏の元気の素になる。

今年に限れば茅の輪くぐりを中止したり、水無月を売る和菓子店で混雑回避のための規制がされたり、コロナ禍は伝統行事にも打撃を与えている。せめて心の中に茅の輪を思い描き、みなさまの健康とご活躍をお祈り申し上げたい。

(2020/6/30 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる