産業春秋/夏のマスク

(2020/7/3 05:00)

新型コロナウイルス感染の収束の兆しが見えないなか、防止策として、すっかり欠かせない存在となった「マスク」。夏も本番を迎え、マスクをしていると体全体が暑くなり、例年以上に汗をかきやすくなっていることに驚く。

資生堂がインターネットで夏のマスク着用時の悩みを聞いたところ「暑い・蒸れる」が80%以上と最多で、次いで多いのが「マスクへのメークの付着」だった。女性にとって夏のマスクは化粧くずれとの闘いでもある。

暑さを感じるのは、マスク内の温度や湿度が急激に上昇するためだ。同時に皮膚温が高くなり、汗や皮脂の量が増える。同社は暑さ対策として「汗をふき、首やデコルテ(首から胸元)を冷やすのがポイント」と推奨する。

通気性や、涼しさ・冷たさを感じるなどの機能性素材を用いたマスクを、これまでマスクと無縁だったアパレルメーカーやスポーツ用品メーカーなど、さまざまな企業が発売し始めた。洗えば何度も使えるところも高評価だ。

気象庁は、今夏の平均気温を「平年並みか高い」と予測している。コロナウイルスは暑さに弱いとは言えないようだ。機能性を重視したマスクの効果に期待し、厳しい季節を乗り切りたい。

(2020/7/3 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる