社説/20年版通商白書 コロナ打撃分析、深掘り求める

(2020/7/9 05:00)

政府の2020年版通商白書は、新型コロナウイルスの大流行が引き起こした事態を「大恐慌以来最悪の経済危機」として多面的な分析を試みた。

事業停止やサプライチェーン寸断による「供給リスク」と、対面サービスや耐久消費財の購買が蒸発する「需要リスク」の双方が一気に顕在化。途上国や新興国でも経済が停滞する前例のない状況を「異次元の経済危機」と評している。

世界の金融市場も動揺し、原油価格も下落した。ただ直近では各国が経済活動再開に動き始め、大規模な経済対策を実施したことから、金融市場の緊張は緩和に向かったとしている。

一方、白書はグローバリゼーションについて「アンバンドリング(分離)」の視点から国際分業が進んできた状況を分析。移動・輸送コストの低下や、情報通信技術(ICT)革命による技術・データの移動コスト低下により生産プロセスが分離され、グローバル・サプライチェーンが発展したとしている。

こうした国際間分業は今後も続き、コロナショックによるオンライン通信の発達で、より分離が加速する可能性があるとの見方を示した。こうした世界経済の構造変革は「コロナがあっても変わらないというのが今回の白書のメッセージ」(経済産業省通商政策局)だという。

メガトレンドの分析としては理解できる。しかし短期的には世界の通商は大きな圧迫を受けており、人の交流は途絶に近い状態だ。いまだ感染拡大の収束が見えない中での分析は困難だと思うが、通商のシュリンクが長期化すればどんな事態が想像されるか、あるいは回復にむけてどんなシナリオが予想されるかという展望に、もう少し踏み込めなかったろうか。

マスクの供給不足は国民生活に大きな不安を与え、政権に対する評価にまで影響した。欧州連合では域内で国ごとに通行を規制する異常事態も起きた。今後のグローバリゼーションの進展に、なんらかの制約が生まれないか。今回の通商白書の分析をさらに深掘りし、産業界への指針を示してもらいたい。

(2020/7/9 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる