社説/中小企業のオンライン採用 学生を魅了する工夫がほしい

(2020/9/25 05:00)

新型コロナウイルス禍でオンライン採用の導入が一気に進んだ。企業は対面による面接に比べ情報共有や信頼構築に工夫が要る半面、広域採用や経費削減など利点も多く、ニューノーマルな採用方法になりそうだ。中小企業こそ上手に活用したい。

採用支援サービスのMyRefer(東京都中央区)が、2021年3月卒業予定の大学生など約600人に実施した調査によると、複数社から内定を得た学生が「1社に絞る時期」は約57%が10月の内定式後と回答。内定式前に1社に絞る学生が9割強を占める例年とは様相が異なる。理由は「どの内定先が自分にあっているか決め手に欠ける」(約48%)が最多。「オンライン選考で学生は企業に対する理解を深められずにいる」(同社)とみる。

一方、オンライン採用の利点をあげる中小企業は少なくない。都内の装置メーカーは「地方の学生も受けてくるようになった」と好感する。採用経費の削減を評価する企業もある。学生の交通費負担が少なく、合同説明会に多くの社員を割かずに済むため人件費を抑制できる。

学生は企業説明会のようなインターンシップに魅力を感じない。ある中小企業は、志望者にグループ単位で「会社の10年後」をオンライン演劇で発表してもらった。学生は事前に企業からマイナス面も含めた経営情報を提供してもらい発表に臨んだ。企業への理解と愛着を深める効果が得られたという。

社員が知人を紹介するリファラル採用との併用で、情報不足によるミスマッチを防いでいる企業もある。最終面接のみを対面にして、職場見学を実施している企業は「オンラインでは職場のイメージがつかめない。肌感覚の情報共有が大事」と指摘する。

今後は対面とオンラインの面接を組み合わせた“ハイブリッド型”が採用の主流となりそうだが、学生から深い共感が得られない企業は、内定辞退者や早期退職者が多発しかねない。中小企業は個性あふれる工夫で、自社を知ってもらう努力を重ね、人材確保に努めてほしい。

(2020/9/25 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる