産業春秋/コロナ禍の企業監査

(2020/11/2 05:00)

新型コロナウイルスによる“3密回避”はさまざまな局面で企業活動を制約する。見えにくいもののひとつが監査役の業務。複数の著名企業の監査役に話をうかがう機会があった。

大企業の監査は内外の拠点に赴いて実情を調べる。しかしコロナ後は「なかなか現場に行けない」。国内なら内部監査部隊や監査法人と情報を共有して業務を代替するが、海外子会社は無理。「目で確認すべきところを性善説に頼らざるを得ない」のが実情という。

逆に「リモート監査に移行して効率化できた」という意見もあった。また「海外も含めて監査法人を一本化しておいたので、混乱した状況でもスムーズだった」という経験は、とても示唆的に思える。

業績悪化や各種の制約が続く中で「社員へのプレッシャーが高くなり、不正が起きやすくなることを懸念している」という声も。なるほど監査役らしい着眼点だと感心させられた。

現在の執務スタイルを聞くと「4月の緊急事態宣言以降、出社は数回だけ。あとは自宅で」とか、「9割は出社し、監査役室からリモートで監査している」などさまざまだ。同じ“3密回避”のニューノーマルでも、企業によって結構な差があるのが実情らしい。

(2020/11/2 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる