産業春秋/ハエビジネス

(2021/1/14 05:00)

馭者(ぎょしゃ)の居眠り運転で、乗客を乗せた馬車は崖下に墜落してしまう。異変に気づいたハエは馬車の屋根から飛び上がり、人間たちの悲惨な最期を眼下に悠々と青空の中を飛んでいく。

横光利一のデビュー作『蠅(はえ)』はハエの視点で、さまざまな事情を抱えた乗客の人間模様を活写する。結末は1匹のハエだけが生き残る。害虫と嫌われるハエの俊敏さを描き、人の命のはかなさを際立たせた。

ジャパンマゴットカンパニー(岡山市)が出荷の最盛期を迎えている。製品はヒロズキンバエのさなぎだ。さなぎは2―3日で羽化しハエになる。ハウス内を受粉して飛び回り1―2週間で一生を終える。ミツバチが減少し、代替としてイチゴやマンゴーの受粉に重宝されている。

社長の佐藤卓也さんによると、糖尿病による壊疽(えそ)の治療など、医療に幼虫を用いてきた実績が衛生面で信用を得ることにつながった。植物工場では紫外線を感知して活動するハチが使えず、臭気に反応するハエが好まれている。

成功の肝は衛生管理を徹底した増殖技術を確立したことにある。「ハエだって不衛生との観念を変えれば商品になるんです」。横光利一も、ハエのこんな活躍は予想できなかっただろう。

(2021/1/14 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる