産業春秋/いちご学科

(2021/1/26 05:00)

「経営者になる。日本初 いちご学科」というフレーズが半年ほど前、秋葉原駅の電子看板に映し出された。いちご経営者育成を目的に4月に新学科を設置する栃木県農業大学校(宇都宮市)のPR。その後が気になり、同校に聞いてみた。

学科の課程は2年間。昨年末の試験で8人が合格した。受験年齢に上限はないが、20代が最多。ただ10人の定員に満たず、2月8日まで追加募集中だ。

学科新設の反響は大きく、オープンキャンパスには全国から43人が参加し、栽培状況などを学んだ。いざ試験となると「県内の就農希望が前提。時間もお金もかかるため、進路を変更した方もいた」と、主任教授の小島博さん。

栃木県は1968年以来いちご生産量全国一を誇る。冬の日照時間が長く、寒暖差が激しいなど栽培に適し、大消費地の東京圏も近い。「とちおとめ」に続けと、新品種「とちあいか」を売り込む。

ブランド力や設定価格の弱さをいかに克服するかが課題。いちご学科では、輸出を含めた流通事情や経営管理なども学ぶ。県は、人工知能(AI)やロボットの栽培・収穫への活用も推進する。高齢化、担い手不足はいちご農家も例外ではないだけに1期生への期待が高まる。

(2021/1/26 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

わが青春の碑 
人生は旅、人は旅人

わが青春の碑 人生は旅、人は旅人

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる