産業春秋/現地観戦の醍醐味

(2021/12/3 05:00)

2月開幕したサッカーJ1リーグは4日14時、最終節の10試合がキックオフを迎える。20チームが全38試合を戦う長丁場。すでに川崎の優勝が決まり、降格も4枠中三つまで確定済み。来季はJ2から磐田と京都の昇格が決まっている。

磐田は3季ぶり、京都は12季ぶりのJ1復帰。これで来季J1は同地区対決の「ダービー」が盛り上がる。磐田は清水との静岡ダービー、京都はG大阪、C大阪、神戸との4チームによる関西ダービーが復活見込み。

どの試合も必勝を期すが地元の誇りをかけて戦うからこそ隣町のライバルにだけは負けられない。この思いがサポーターのプライドをくすぐり応援はいつも以上に熱が入る構図だ。

チーム名に地域の名称がつくJリーグはにぎわい創出の役割も果たす。敵地戦に遠征するサポーターが試合以外でも全国各地を観光に訪れ、その魅力を会員制交流サイト(SNS)などで発信する効果も今は大きい。

超満員のスタジアム実現にはまだ時間がかかりそう。スマートフォンで手軽に観戦できる時代だがスポーツの醍醐味(だいごみ)は生観戦が原点だ。無観客開催もあっただけに、来季も声援は出せずとも試合会場で楽しめるありがたみを実感したい。

(2021/12/3 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

カラー版 はじめての溶接作業

カラー版 はじめての溶接作業

2022年度版 
技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

2022年度版 技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい二次電池の本
新版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい二次電池の本 新版

よくわかる粉体・粒体ができるまで
機能を持った粒をつくる造粒技術

よくわかる粉体・粒体ができるまで 機能を持った粒をつくる造粒技術

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる