産業春秋/グーグルのロボット再チャレンジ

(2021/12/2 05:00)

グーグルの再チャレンジといったところだろうか。グーグル親会社が産業用ロボット向けのソフトウエア開発会社イントリンシックを設立したと先ごろ発表した。

グーグルのロボット初参入は2013年。アンドロイドOSの開発者として知られるアンディ・ルービン氏率いる部門がロボット会社を次々と買収。日本のシャフト(当時)や米ボストン・ダイナミクスも含まれ、話題になったのは記憶に新しい。

だが「レプリカント」と名付けられた同プロジェクトは成果を出せぬまま幕を下ろす。打って変わって今回は、得意の人工知能(AI)を中心に差別化を図る戦略のよう。

「何百万もの企業、起業家、開発者に産業用ロボットの持つ創造性と経済性を解き放つ」。新会社のタンホワイトCEOは声明でこう強調しつつ、産業用ロボットの知覚、学習、自動調整の能力を高度化する5年半の研究成果により、事業化の準備が整ったと明かす。

かたや日本を代表するAIスタートアップのプリファードネットワークス。「すべての人にロボットを」を掲げる同社も11月に自律移動ロボットの子会社を設立した。日米AI企業の本格参入で、ロボット市場がさらに熱を帯びそうだ。

(2021/12/2 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

カラー版 はじめての溶接作業

カラー版 はじめての溶接作業

2022年度版 
技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

2022年度版 技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい二次電池の本
新版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい二次電池の本 新版

よくわかる粉体・粒体ができるまで
機能を持った粒をつくる造粒技術

よくわかる粉体・粒体ができるまで 機能を持った粒をつくる造粒技術

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる