産業春秋/「沈黙の春」とコロナ危機

(2022/1/25 05:00)

米国の生物学者レイチェル・カーソンの『沈黙の春』が出版され60年になる。「奇跡の農薬」ともてはやされたDDTの生態系汚染を告発した警世の書だ。

「自然は人間が勝手に考えるほどたやすくは改造できない。昆虫は昆虫で人間の化学薬品による攻撃を出し抜く方法をあみ出している」。全体を貫く自然共生の思想は現代こそ道標になる。

「科学技術の進歩は大切だが、やり方が乱暴すぎる。結果として人間が苦しむことになる」とレイチェル・カーソン日本協会関西フォーラム代表の原強さん。コロナ危機も人間が後先考えず進歩を追いかけた帰結か。

最終章「べつの道」では生き方の選択を迫る。「私たちは、いまや分かれ道にいる。(略)すばらしい高速道路で、すごいスピードに酔うこともできるが(略)行きつく先は禍(わざわい)であり破滅だ」。

コロナは変異を繰り返し、今は人間が「沈黙の春」をさまよい続ける。宿敵のようなウイルスでさえ何らかの「利他性」があって地球上に存在しているのだろう。自然との向き合い方を改めない限り、地球の安全を守れる「もう一つの道」の扉は開きそうにない。自然界からの逆襲に、レイチェルの嘆息が聞こえてきそうだ。

(2022/1/25 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる