社説/インド太平洋経済枠組み 半導体など供給網強化に期待

(2022/5/13 05:00)

バイデン米政権が打ち出した新たな経済圏「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」が月内に発足する見通しだ。人権や民主主義などの価値観を共有する国・地域が、貿易やサプライチェーン(供給網)などで連携を強化する。中国への経済依存を緩和する取り組みとして期待したい。

新たな経済圏は、米国のほか日本、豪州、東南アジア諸国連合(ASEAN)、韓国などの参加が想定される。デジタル経済の推進や貿易・供給網および脱炭素などで連携を強化する。

ただ米国の思惑から、関税引き下げといった市場開放策は想定していない。米国は、雇用への影響を懸念する労働者が自由貿易協定に反発し、環太平洋連携協定(TPP)に復帰できずにいる。新経済圏は市場開放を伴わない次善の策といえる。

中国との貿易量が多いASEANには魅力に乏しい経済圏に映りそうだが、ウクライナ情勢やコロナ禍も見据え、供給網の寸断回避といった経済安全保障の輪を広げてもらいたい。

中でも半導体は日米が次世代半導体の開発で協力を進めており、台湾や韓国の企業とも提携すれば中国には大きな脅威になる。韓国にとって中国は半導体の最大の供給国だが、21日に予定する米韓首脳会談を機に協議を前進させてもらいたい。

今回の新経済圏は、バイデン米政権が2月に発表した「インド太平洋戦略」の中の経済分野にすぎない。同戦略は、インド太平洋地域で影響力を拡大する中国が、この地域の規制や規範を変更しかねないとの警戒感が背景にある。中国による東シナ・南シナ海への海洋進出や台湾有事への懸念、さらに南太平洋のソロモン諸島との安全保障協定の締結など、米国には看過できない課題が山積する。

米国主導で地域の安全保障を強化する。また日韓と連携して朝鮮半島の完全非核化を目指すほか、国境を越えた脅威である気候変動対策は中国にも促し、地域の排出量ゼロを目指す。

新経済圏の発足は、新たな国際秩序の形成に向けた一歩として期待したい。

(2022/5/13 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる