産業春秋/トルコ・シリア地震、耐震基準満たさず

(2023/2/17 05:00)

トルコ南部を震源とする大地震の犠牲者が、トルコ・シリア両国で合わせて5万人近くに達するとの見方が出ている。多くが建物の倒壊による犠牲者で、耐震基準が徹底されていたかを疑問視する指摘もある。

トルコは約1万7000人の犠牲者を出した1999年のイズミット地震(トルコ北西部)を教訓に、新たな耐震基準に変更していたという。だが新基準の施行後に新築された集合住宅が倒壊したとの報道も。

耐震化の遅れが住宅で顕著だったのは、倒壊の惨状を見れば明らかだ。公共施設ではある程度耐震化は進んでいたようだ。住宅は不良施工も取りざたされる。これほどの惨事となった原因をトルコ政府は十分に検証する必要がある。

耐震基準をめぐる大地震として、95年の阪神・淡路大震災を思い出す。犠牲者の多くが住宅倒壊による圧死とされ、81年以前の耐震基準で建てられた住宅で大きな被害が相次いだ。日本では81年に新建築基準法が施行された。旧基準の住宅は耐震化を講じておきたい。

トルコ・シリアでは厳しい寒さの中で救助活動が続く。トルコ政府によると、崩壊した建物は約4万7000戸に達するという。復興への国際協調も欠かせない。

(2023/2/17 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン