ヤマトHD初の貨物専用機、来年4月運航 成田―新千歳など計9便

(2023/11/20 17:00)

  •     ヤマトHD初の貨物専用機

ヤマトホールディングス(HD)は20日、日本航空(JAL)グループと連携してヤマトHD初の貨物専用機(フレイター)を2024年4月11日に運航開始すると発表した。小型旅客機の座席を取り外してレールを敷き、貨物用ドアを設置するなどの改造を行った。成田―新千歳や成田―北九州などの合計9便を運航し、長距離輸送手段として活用する。

20日、初号機を成田空港(千葉県成田市)で報道陣に公開した。ヤマトHDのシンボルマークである黒猫が描かれた機体を前に、長尾裕ヤマトHD社長は「当社だけでは形にならなかった。感無量だ」と語った。主に宅急便の貨物輸送に活用する。現在の陸上輸送ネットワークに高速長距離輸送が得意な航空機を加え、輸送網の強靱(きょうじん)化や安定輸送につなげる。

  • 貨物用大型ドアから貨物を積み込む

使用機材はリース導入した仏エアバスA321―200P2F型機で、貨物の搭載量は10トントラック5―6台分に当たる最大28トン。同じ小型機のB737―800型機の貨物機に比べ約20%多く貨物を搭載できる。今後、2、3号機を導入して順次運航路線と便数を拡充する。最終的に21便体制とする。

国内の運送業界では、24年4月からドライバーの時間外労働の上限規制に伴い、輸送力の減少が懸念されている。JALの斎藤祐二取締役専務執行役員は「ヤマトグループと社会課題の解決に取り組むとともに、貨物事業の成長にも挑戦する」と意気込みを語った。

運航はJALグループの格安航空会社(LCC)のスプリング・ジャパン(千葉県成田市)が行う。同社の米沢章社長は「LCCが貨物機を運航するのは初めて。しっかり担当したい」と気を引き締める。初号機は24年4月の運航開始に向け、近く訓練運航を始める予定だ。

(2023/11/20 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン