ソフトバンクがキュービックテレコム買収 747億円投資、車用IoT基盤を拡大

(2023/12/5 17:00)

ソフトバンクは5日、コネクテッドカー(つながる車)やソフトウエア定義車両(SDV)向けIoT(モノのインターネット)基盤を国際展開するアイルランドのキュービックテレコムを買収すると発表した。約4億7300万ユーロ(約747億円)を投じ、同社株式の51%を取得する。約190カ国の通信事業者との接続を一括管理できるキュービックテレコムのIoT基盤を通じ、コネクテッドカーやSDV市場の急成長を取り込む。

一部の既存株主のほか、第三者割当増資により、株式を取得する。各国の規制当局の承認などが前提となるが、2024年1―6月の取引完了を見込む。キュービックテレコムのバリー・ネーピア最高経営責任者(CEO)が引き続き、経営を担う。ソフトバンクの野崎大地常務執行役員がキュービックテレコムの取締役に就く。

キュービックテレコムは09年に設立。主要株主として独自動車大手フォルクスワーゲングループ傘下のCARIADや米半導体大手クアルコムがいる。同社のIoT基盤には世界で1700万台以上の車両が接続し、1日当たり約10億件のデータ通信を実現している。

コネクテッドカーやSDV向けIoT基盤で世界トップシェアを目指すほか、ソフトバンク傘下の人工知能(AI)企業などとの相乗効果も生み出す。

(2023/12/5 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン