富士フイルム、米2拠点に300億円投資 細胞治療薬の生産能力倍増

(2023/12/5 17:00)

富士フイルムは5日、細胞治療薬の開発製造受託(CDMO)事業を展開する米国2拠点に総額約2億ドル(約300億円)の設備投資を行うと発表した。投資するのはカリフォルニア拠点とウィスコンシン拠点で、細胞治療薬の生産能力をそれぞれ倍増する計画。市場成長が見込まれる細胞治療薬領域のニーズへ対応し、CDMO事業の拡大を狙う。

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を手がける富士フイルムの米子会社フジフイルムセルラーダイナミクス(FCDI)のウィスコンシン拠点は新たに土地を購入し、生産プロセスを開発するための研究設備や製造設備などを導入する。細胞治療薬のプロセス開発の受託能力を拡大と生産能力の倍増を見込んでおり、2026年に稼働を予定する。また同フジフイルムダイオシンスバイオテクノロジーズ(FDB)のカリフォルニア拠点は、生産プロセス開発のスペースの設置や既存設備の改造で、細胞治療薬の生産能力を倍増する。

細胞治療薬は、細胞そのものを投与して疾患を治療するバイオ医薬品。アンメットメディカルニーズ(未充足の医療ニーズ)を解決する最先端治療薬として注目され、細胞治療薬市場は22年度の33億ドルから年率30%超の成長を見込む。

(2023/12/5 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン