電子情報産業の世界生産、3.6兆ドルで最高更新 JEITA来年見通し

(2023/12/21 17:00)

電子情報技術産業協会(JEITA)は21日、2024年の電子情報産業の世界生産額が23年見込み比9%増の3兆6868億ドル(約527兆円)で過去最高となる見通しを発表した。デジタル化を背景に電子機器やデバイスへの需要が回復することに加え、ソリューションサービス市場が、生成人工知能(AI)や次世代インターネット技術「ウェブ3(スリー)」を活用した新ビジネスの創出でさらに成長する見込み。

製品別の24年の生産額見通しは、ソリューションサービスが23年見込み比12・2%増の1兆4740億ドルと過去最高を更新。IT投資の活発化やデジタル変革(DX)の進展が背景にある。

半導体も同13・1%増の5884億ドルと過去最高の見通し。生成AIの普及によるデータセンター(DC)の増強や電気自動車(EV)の普及による半導体の搭載率の拡大が寄与するようだ。電子部品はスマートフォンや自動車向けの需要回復やAIサーバーの増加により同7・2%増の2301億ドルとなる見込み。

海外生産分を含む日系企業の24年の生産額は同4・7%増の41兆5638億円と予想。23年は電子部品での在庫調整などが影響し、22年比0・7%減の39兆6843億円となる見通しだが、24年は増加に転じる見込みだ。

  • 小島会長は生成AI市場の広がりに期待を示した

電子情報産業の成長を支える注目市場として生成AI市場の世界需要見通しも示した。世界需要額は23―30年にかけて年率53・3%成長し、30年には2110億ドルに達すると予測した。中でも製造分野は活用例が多岐にわたることから成長が著しく、30年には23年比21・1倍の507億ドルを見通す。

21日に都内で会見した小島啓二会長(日立製作所社長)は生成AIに著作権などの課題があることを踏まえ、「国際的な環境整備が市場(の拡大)を推し進める」と分析。製造分野に関しては「高齢化が進む中、技能やスキルを伝承する際に生成AIを活用できるのではないか」とした。

(2023/12/21 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン