昨年の工作機械受注、15%減 3年ぶりマイナス 日工会確報

(2024/1/25 17:00)

日本工作機械工業会(日工会)が25日発表した2023年の工作機械の受注実績(確報値)は、前年比15・5%減の1兆4865億1900万円と3年ぶりに減少した。コロナ禍に伴うペントアップ(先送り)需要があった22年と比べ、半導体や自動車関連の需要が落ち着き、中国経済減速の影響も受けた。ただ受注水準は過去7番目と高く、稲葉善治日工会会長(ファナック会長)は「根強い需要に支えられながらまずまず健闘した1年」と評価した。

不動産不況の影響を受ける中国は同27・3%減の2740億円と4年ぶりに減少。好調だった電気自動車(EV)関連投資なども落ち込んだ。

米国は同9・6%減の2820億円。医療や航空機関連などが堅調で過去3番目の受注水準となり、外需の地域別では4年ぶりに中国を抜いて首位となった。インドは自動車や電気・精密関連などが堅調で、同26・5%増の511億円と過去最高となった。

23年12月単月の受注実績は前年同月比9・6%減の1270億8800万円と12カ月連続で減少した。

内需では電気・精密のうち精密機械向けが同60・5%増と伸びるなど、半導体製造装置関連の先行投資が見られた。ハイブリッド車(HV)関連でまとまった投資があった自動車のうち、車部品向けが同12・1%増と2カ月連続で増加した。

稲葉会長は自動車関連の設備投資について、日本でEVやHVなどで投資が分散する可能性を指摘した上で「一過性ではないのではないか」と見る。

日工会は24年の工作機械の年間受注額が前年比0・9%増の1兆5000億円、うち内需は同11・2%増の5300億円、外需は同3・9%減の9700億円になるとの見通しを示している。稲葉会長は中国市場について「この不況がどこまで続くかは見通せない状況で少し固く見ている」と不安視した。

(2024/1/25 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン