産業春秋/ネットのデマに加担しない

(2024/1/25 05:00)

「大災害時に“デマ”は必ず発生する」。防災心理学を専門とする兵庫県立大学の木村玲欧教授は指摘する。能登半島地震でも偽情報・誤情報が会員制交流サイト(SNS)上で拡散された。

確認できる1891年の濃尾地震以降の18の地震・噴火・豪雨を分析すると、発生するデマは6種類に分類できるという。①災害発生因②災害の再来③人的・物的の直接の一次被害④混乱状態における二次被害⑤著名人を騙(かた)った災害対応に対する発言⑥物資や住まいなど被災生活。

能登地震でも人工地震、架空の救助要請、外国人窃盗団の襲来といったデマの発生が伝えられている。救助や復旧の役に立ちそうもない私見もネット上に飛び交う。

悪意を持った偽情報は政治、経済、国際とあらゆる場面で展開される。こうした状況に総務省の有識者会議は、対策を専門に検討する作業部会を設け25日に初会合を開く予定だ。

ただ対策には限界がある。基本はやはり、個々が情報を見極める力を備えることに尽きる。悪意がなくても誤情報は社会に不利益をもたらす。木村教授は「行政やマスコミの公式情報を確認し、根拠が分からないものの拡散には自分は加担しない判断を」と説いている。

(2024/1/25 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン