三菱電機・名古屋製作所、「現場発」の労働環境改善 妊婦・子育て女性に寄り添う

(2024/1/31 12:00)

三菱電機の名古屋製作所(名古屋市東区)では、多様な社員が働きやすい環境を整えている。男性が多い製造現場の中で2022年9月に女性2人が立ち上がり、労働環境の改善に取り組み始めた。皆が笑顔になれるように「スマイリー活動」と名付け、特に妊娠中や子育て中の女性に寄り添ってきた。直近では男性を含め6人が活動に参加。参加者だけでなく、周囲の妊婦らに対する理解を深めるために23年10月から疑似体験の機会も設ける。

  • 妊婦体験では腹部に水袋を入れて階段の昇降などを行う

「14年前、自分自身が妊婦だったときに悩んでいた状況が、変わっていないことに気が付いた」。サーボモータ製造部センサ工作課の佐藤佳恵氏は活動開始前を振り返る。そこで、佐藤氏と品質保証課の田村香織氏が2人で活動を始めた。

上長と連携しながら労働環境の改善を進めた。具体的には妊婦の靴の履き替えを補助する道具「靴取り名人」を製作。クリーンルームと休憩エリア間の移動などで靴の履き替えが1日に15回以上あるといい、かがむ体勢を取りにくい妊婦の負担になっていた。

  • 靴の履き替えを補助する道具「靴取り名人」。名古屋製作所内に約20本設置した

靴取り名人は玄関のげた箱の脇に設置。道具の使い方も掲示して利用を促す。実際に「妊婦だけでなく、足を痛めていた男性にも使ってもらえた」(田村氏)と手応えを語る。

ほかにも作業台を高くしたり、座ったまま仕事をしたりできる工夫を施し、妊婦への負担を軽減してきた。スマイリー活動は週1回会議を行い、課題解決に向けて話し合っている。

さらに、妊婦の気持ちを理解してもらうため、主に管理職などの男性社員を対象に妊婦体験を実施。腹部に水が入った袋を入れて廊下を歩くほか、モノを運搬したり階段を昇降したりする。基本的には5日間かけて体験を実施する。所長や副所長を含む累計17人が体験した。妊婦のほか高齢者体験も行う。

サーボモータ製造部の大塚久部長はスマイリー活動について「上からではなく、現場発の事例だ。目に見えて良い効果が出てきている」とし「働きやすい環境が広がるとうれしい」と話す。センサ工作課の谷山亮一課長は「女性特有の問題は見えにくいこともある。支援を続けていきたい」とした。周囲の協力を得ながら、快適な労働環境の実現を図る。

(2024/1/31 12:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン