産業春秋/中小の賃上げを強力に応援

(2024/1/31 05:00)

2024年春季労使交渉(春闘)は、中小企業の対応が焦点になる。円滑な価格転嫁に加え、中小企業には生産性向上や価格競争力を引き上げる自助努力も求められる。その後押しは「政府がやるべきこと」と村井英樹官房副長官は説く。

具体策の一つとして「賃上げ促進等のための中小企業省力化投資補助金」の創設を挙げる。3―4月に公募を始める予定だ。この制度は投資額の半額を補助し、補助上限は従業員数5人以下が200万円、6―20人が500万円、21人以上が1000万円。賃上げ条件を満たせば、それぞれの上限が50%上乗せとなる。

対象は無人搬送ロボットや検品・仕分けシステム、無人監視システム、キャッシュレス型自動券売機など。人手不足解消に効果がある汎用製品となる。

汎用製品は、カタログから選ぶ方式で申請できる。省人化の具体的効果を記した製品を通販のような感覚で選べ、面倒な申請書類の作成や手続きから解放される。

村井官房副長官は摩擦係数に例えて「止まっているものを動かすのは、動いているものを動かすのと比べて、ものすごいエネルギーが必要となる」と指摘する。中小企業が意欲的な投資に動くよう強力に応援する。

(2024/1/31 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン