千代化・トヨタ、水電解システム開発 建造・量産技術を融合

(2024/2/5 17:00)

千代田化工建設は5日、トヨタ自動車と大規模水電解システムを共同開発すると発表した。戦略的パートナーシップ構築の協業基本合意書を結んだ。トヨタの水電解セル・スタックの量産技術と千代田化工のプラント設計・建造技術を融合し、世界最小サイズのセル・スタックを多数並べた高効率システムを実現する。

  • 共同開発する水電解システム(イメージ)

セル・スタックの原単位あたりの水素製造能力は毎時約100キログラム。トヨタの本社工場(愛知県豊田市)の水素実証施設に2025年度から導入を始め、27年度に商用生産を始める計画。千代田化工は脱炭素の新規事業を創出して石油・ガス分野への依存度を抑える戦略で、今回もその一環となる。

トヨタは燃料電池技術を用いたセル・スタックを持つ。原単位の設置面積(2・5×6メートル)は一般的な設備の約半分で済むため、高効率な水素製造や工事のコスト抑制が見込める。

27年度に商用生産、28年度に量産を始める計画。製造する水素はトヨタ社内の活用や外部への販売を構想する。将来的には原単位の製造能力を2倍に拡大する予定。

グリーン水素は再生可能エネルギー由来の電力で水を電気分解して製造するため、水電解システムの導入拡大が必要になる。

(2024/2/5 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン