産業春秋/34年ぶりマーケティングの定義刷新

(2024/2/5 05:00)

日本マーケティング協会は34年ぶりにマーケティングの定義を刷新した。新たな定義では「価値共創」「ステークホルダーとの関係構築」「社会課題の解決」「持続的成長」がキーワードとなる。

従来の定義には「グローバルな視野」「顧客との相互理解」「市場創造」というワードがあった。新定義では、理解から共創や関係構築へ、視野を広げた先の解決へ、創造から持続へと掘り下げた。

マーケティングは1900-60年代「製品主義」、70-80年代「顧客主義」、90-2000年代「価値主義」、10年代以降「自己実現」と進化してきた。産業革命、大量生産・販売、インターネットの出現、自分にとって価値あるものを選ぶ現代へと、時代とともに役割が変化した。

定義刷新の背景には人工知能(AI)、IoT(モノのインターネット)、ビッグデータの発展がある。これらを用いた顧客分析は格段に高度化している。

マーケティングの現場では、役員クラスを最高責任者に据える企業が増えている。販売戦略にとどまらず経営戦略に組み込む動きだ。定義の刷新により、企業はマーケティングへの認識を一段と高め、長期停滞の日本経済を新たなステージに導きたい。

(2024/2/5 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン