1月の景気DI、0.7ポイント減 4カ月ぶり悪化 帝国データ調べ

(2024/2/5 17:00)

帝国データバンク(TDB)が5日発表した2024年1月の景気動向調査(全国)は、景気DIが前月比0・7ポイント減の44・2だった。4カ月ぶりに悪化した。能登半島地震や自動車メーカーの不正問題などが押し下げ要因になった。

景気DIは50を境に「良い」か「悪い」か判断する。地域別では10地域のうち9地域が悪化。「北陸」が同2・5ポイント減、「北関東」が同2・1ポイント減と大きく落ち込んだ。「中国」は0・4ポイント増で唯一改善した。10地域の格差は同0・4ポイント減の8・3となり、2カ月連続で8を超えた。

業界別では10業界のうち7業界で悪化した。ダイハツ工業の不正問題を受けて「製造」が同1・1ポイント減の40・4と2カ月連続で悪化。「不動産」は同0・6ポイント増の48・1で、3カ月ぶりに改善した。

TDBは今後の見通しについて「国内景気は2024年問題など悪材料を抱える中、賃上げの継続が焦点となり横ばい傾向で推移する」とみる。

(2024/2/5 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン