アストロスケール、18日に衛星打ち上げ 「宇宙ゴミ」の除去実証

(2024/2/8 17:00)

  • 商業デブリ除去実証衛星「ADRAS-J」(アストロスケール提供)

アストロスケール(東京都墨田区、加藤英毅社長)は8日、商業デブリ除去実証衛星「ADRAS―J」を米ロケット・ラボの小型ロケット「エレクトロン」でニュージーランド・マヒア半島から日にも打ち上げると発表した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の商業デブリ除去実証フェーズⅠの一環。宇宙空間に漂う日本が打ち上げたロケットの上段へ接近・近傍運用を実証する。大型の宇宙デブリの除去技術の確立を目指す。

ADRAS―Jは実際の宇宙デブリへの安全な接近を実証し、その状況を調査する世界初の試みに挑む。運用の実証後には、長期にわたって放置された宇宙デブリの運動や損傷・劣化状況の撮像を実施する予定。

(2024/2/8 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン