産業春秋/TSMC「もしトラ」リスク

(2024/2/8 05:00)

半導体受託製造(ファウンドリー)最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は、日本国内での二つ目の工場を熊本県に建設する。同県の一つ目の工場は24日に開所式を開く予定だ。二つの工場で経済安全保障が一段と強化されると期待したい。

二つの工場への投資額は200億ドル(約2・9兆円)を超える見通しで、政府は追加支援を検討する。2工場の技術者らの雇用も3400人以上を見込む。関連企業の集積や地価高騰も含め、地域への大きな経済効果も期待される。

他方、TSMCにとって海外生産拠点の整備は、台湾有事を見据えたリスク分散でもある。中国の習近平国家主席は台湾統一の実現に武力行使も辞さない。1月の台湾総統選で勝利した親米の頼清徳氏を、独立志向が強いと警戒する。

TSMCは米国でも量産を予定する。だが、その米国がTSMCにとって懸念材料となりかねない。トランプ前大統領は「台湾に半導体産業を奪われた」と指摘する。同氏が大統領に再選されれば、日米台のサプライチェーン(供給網)に影響が及びかねない。

台湾有事と「もしトラ」のリスクに直面しているTSMC。日台は熊本県の2工場でさらに結束を強化していきたい。

(2024/2/8 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン