“貨物鉄道×自動運転トラック”で物流効率化 JR貨物、T2と提携

(2024/2/9 17:00)

  • (左から)森本成城T2社長、犬飼新JR貨物社長

JR貨物は9日、貨物鉄道と自動運転トラックの組み合わせによる物流の効率化に向けて、自動運転システムを開発するT2(東京都千代田区)と連携すると発表した。関係強化のためT2へ約3億円を出資した。乗り継ぎ輸送や災害時の切り替え輸送などを行う。T2が自動運転トラックによる幹線輸送サービス開始を計画する2026年をめどに実現を目指す。

鉄道と自動運転トラックの組み合わせを実現するため、両社のコンテナ規格の統一化やシステム面での連携を推進する。鉄道は1編成で大量の貨物を輸送できる一方、自然災害に弱いなどの課題がある。これを連携によって補い、輸送力の維持・拡大や安定的な輸送の実現を目指す。

4月からのトラックドライバーの残業上限規制などにより、ドライバー不足や輸送力低下の懸念は大きくなっている。24年問題などの物流の課題解決に向けた企業間の連携が増加している。

(2024/2/9 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン