金型を“常時監視”メンテ最適化 アイダエンジニアリング、プレス加工のDX支援

(2024/5/15 12:00)

プレス機大手のアイダエンジニアリング。中でも電気自動車(EV)向け駆動用モーターのモーターコアを生産する高速精密プレス機のシェアは6割以上を占め、世界で加速するEVシフトを支える。

  • DX支援システムの操作画面

環境対応と並び世界で課題となる人材不足への貢献に向け、プレス加工のデジタル変革(DX)を支援するシステム「AIDAデータアナリティクスシステムAiCARE」を開発した。同社製プレス機の稼働データを分析し、金型の状態を常時監視するアプリケーションを搭載。金型の寿命予測も可能で、金型のメンテナンス時期を最適化できる。

これまで金型の交換時期は累計のプレス回数や、加工後の加工対象物(ワーク)の状態の変化を熟練技能者が観察しながら判断していた。DX支援システムではプレス機の荷重データを独自のノウハウや最新の人工知能(AI)技術で分析。その結果を分かりやすく提示することで、「熟練者がいない現場でも適切なタイミングでの金型のメンテナンスを支援できる」(橋向喜春上席執行役員)。

生成AIでプレス機の復旧方法などを対話形式で回答するアプリも組み込んだ。米オープンAIの対話型AI「チャットGPT」を活用。加工法ではどのような機械や手法で加工すれば良いかを、同社が培った技術的な知見を含めて回答する。また機械の稼働停止時には、その原因を同社のサービス担当者に電話で相談するように、AIとの対話から復旧方法を探るといった使い方も実現した。

アイダエンジはこのDX支援システムを高速精密プレス機「MSP」などに標準装備して4月に受注を始めた。通信機器などは事前に搭載し、サブスクリプション(定額制)サービスで提供する。

同社はこれまでプレス機の稼働状況の「見える化」などが可能なIoT(モノのインターネット)システムを提供してきた。橋向上席執行役員は従来システムを進化させたDX支援システムで「業界で課題となる専門家の不足などを補いたい」と意気込む。

(2024/5/15 12:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン