社説/三つの賃金格差 歴史的春闘も残る課題に対応を

(2024/6/7 05:00)

「三つの賃金格差」を是正したい。大企業と中小企業の平均賃上げ率の格差を縮め、男女間や地域間の格差も改善することで、賃上げの裾野を拡大することが求められる。2024年春季労使交渉(春闘)は33年ぶりの高水準で推移し、経済の好循環実現に向けた起点になると評価できる。ただ残された課題も少なくない。一つひとつ是正し拡大均衡の経済に移行したい。

連合がまとめた3日時点の回答集計によると、定期昇給(定昇)とベースアップ(ベア)を合わせた賃上げ率(加重平均)は5・08%で、33年ぶりの5%台で推移。300人未満の中小組合も4・45%と堅調ながら、企業規模による格差は鮮明だ。

大企業に見劣りする賃上げ率を引き上げるには、労務費の高騰分を取引価格に上乗せする価格転嫁が欠かせない。日本商工会議所の4月の調査では、賃上げ分の4割以上を転嫁できた企業は33・9%にとどまる。経団連はこのほど「企業行動憲章」を改定し、「サプライチェーン(供給網)全体の共存共栄を図る」との文言を盛り込んだ。取引適正化に向け、親企業の理解と協力が進むと期待したい。

男女間の賃金格差は、男性の賃金を100%とすると女性は約75%にとどまる。勤続年数が短いほか、管理職比率も低い。政府のプロジェクトチームは5日、特に格差が大きい5業界に対し、是正に向けた行動計画を策定するよう求めた「中間取りまとめ」を公表した。5業界は金融・保険業、食品製造業、小売業、電機・精密業、航空運輸業だ。政府は女性活躍を促す目標設定を求めており、実効性のある計画を打ち出してほしい。

23年度の最低賃金は、全国加重平均で初めて時給1000円を超えたものの、東北や四国、九州で800円台が多い。地域間の格差を是正しなければ、労働力の流出は止まらない。

政府は月内に経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)をまとめ、賃上げの定着に向けた施策を打ち出す。価格転嫁対策や中小企業・地方の活性化策も盛る。「三つの賃金格差」是正につながるか注視したい。

(2024/6/7 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン