[ その他 ]

【電子版】先週の注目記事は?(解説付き)

(2017/8/15 05:00)

■アクセスランキング・ベスト10(8/7~8/13)

1位 東芝、前年度決算「適正」 監査法人が判断へ

2位 スバル、新型2.4Lターボエンジン量産 北米向け大型SUVに搭載

3位 東芝、岩手に新型メモリー工場 「3次元NAND」増産、投資額1兆円規模

4位 核融合研、LHD使いプラズマ中のイオン温度1億2000万度Cを達成

5位 中国パネルメーカーの天馬、JDIに出資提案

6位 マツダ、燃費3割向上の新型エンジン 19年導入 「内燃機関の可能性追求」

7位 ニコン、高画素一眼レフを大幅進化

8位 社説/JDI危機の教訓−完成品なきデバイス、戦略練り直せ

9位 トヨタ、メキシコ新工場 20年前半に稼働延期

10位 カシオ、全工場スマート化 山形拠点に世界の情報集約

■解説:マツダ、燃費3割向上の新型エンジン 19年導入 「内燃機関の可能性追求」(8/9)

 トヨタとの電撃的な資本提携発表のわずか4日後、今度は世界の自動車関係者をうならせる画期的な次世代エンジン技術をマツダが発表した。これまでクリーンな燃焼と大幅な燃費改善には、薄いガソリン混合気を圧縮してディーゼルエンジンのように自己着火させる「HCCI(予混合圧縮自動着火)」が次世代技術と目されていたものの、各社とも実用化に手こずっているのが現状だ。

 それに対し、今回のマツダの「スカイアクティブ-X」ではHCCIの利点を取り込みつつ、プラグで点火する独自の「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」技術を世界で初めて開発。現行の「スカイアクティブ-G」に比べて回転全域でトルクを10%向上させるなど動力性能も改善させた。

 世界が環境対応で電気自動車(EV)などの電動化に向かう中、内燃機関にこだわるマツダの意地を見せた格好。トヨタが同社をリスペクトするのもうなづける。

【マツダが8月8日に開催した技術開発長期ビジョン説明会の映像(「スカイアクティブ-X」の説明は25:50ごろから)(マツダ提供)】

(2017/8/15 05:00)

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる