[ 科学技術・大学 ]

【電子版】重力波観測装置「KAGRA」低温運転へ サファイア鏡が完成 東大など公開

(2018/3/10 09:00)

重力波観測装置「KAGRA(かぐら)」に設置されるサファイア鏡。表面が赤いのは、ほこりを防ぐ保護膜が付いているため(8日、時事)重力波観測装置「KAGRA(かぐら)」に設置されるサファイア鏡。表面が赤いのは、ほこりを防ぐ保護膜が付いているため(8日、時事)

 東京大宇宙線研究所などは8日、岐阜県飛騨市の神岡鉱山地下に建設中の重力波観測装置「KAGRA(かぐら)」に設置する「サファイア鏡」を富山大で報道陣に公開した。

 かぐらは長さ3キロメートルのトンネル2本をL字形に配置。それぞれレーザー光線を鏡に当てて往復させ、重力波が届くと到達時間に違いが生じる仕組み。

 鏡は直径22センチ、厚さ15センチメートル、重さ23キログラムで無色透明の単結晶サファイア製。重力波の観測は振動を小さくすることが重要だが、サファイアをマイナス253度まで冷やすことで、熱が生じる際に出る「熱振動」を軽減できる。

 研究チームは2019年春までに、トンネルの先端と根元の計4カ所にサファイア鏡を設置する。同研究所の三代木伸二准教授は記者会見で「想像のつかないことが見つかるかもしれない」と期待した。

 重力波は、質量を持つ物体が動く時に生じる時空のゆがみが波のように伝わる現象。アインシュタインが予言し、15年に米国などの研究チーム「LIGO(ライゴ)」が初めて観測に成功した。チームを率いた3人は昨年、ノーベル物理学賞を受賞した。(時事)

(2018/3/10 09:00)

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる