社説/ベンチャーが育つ市場 公正競争の環境整備急げ

(2020/12/4 05:00)

スタートアップが事業連携先の大企業から優越的地位を利用して不公正な扱いを受ける事例が後を絶たない。技術革新や雇用創出を促すため公正で自由な競争環境の整備を加速したい。

2008年のリーマン・ショック以降、低迷していたスタートアップへの出資は14年ごろから増加に転じた。近年は大企業のオープンイノベーションが活発化する中で高い伸びを示す。

だが公正取引委員会がまとめた「スタートアップの取引慣行に関する実態調査報告書」からは、スタートアップが資金面で弱い立場にあるため、不公正な扱いを受けても泣き寝入りするしかない実態が浮かび上がる。

全体の約17%(242社)が連携事業者や出資者から納得できない行為を受けた経験があると回答。具体的には「秘密保持契約(NDA)」(約31%)、「出資契約」(約27%)、「ライセンス契約」(約23%)に関する案件が上位にきている。

連携事業者がNDAに違反しスタートアップの秘密情報を使ってスタートアップと同様のサービスをはじめ、競合相手になるといった悪質な事例もある。

こうした大企業には法令順守を徹底するよう求めたい。また事業連携の中には、NDAを締結していないずさんな事例も散見される。法務担当部署が契約内容を精査し、独占禁止法が禁じている「優越的地位の乱用」などに該当しないか確認の上で事業連携を進めてほしい。

一方で、スタートアップも社内に法務担当者を置く余力がなければ、社外の専門家を活用したり、他のスタートアップと情報共有を強化したりするなど防御策を講じておきたい。

公取委は独禁法の考え方に基づき、20年度中に経済産業省と連名で、問題事例や対応策を整理したガイドラインを作成し、不正行為の防止に努めていくことにしている。

新型コロナウイルス感染症の長期化に伴う景気悪化で、資金繰りが厳しさを増すスタートアップもある。行政機関にはスタートアップのための相談窓口開設や弁護士相談費用の補助など実効性のある対策を期待する。

(2020/12/4 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる