産業春秋/高知と東京を行き来する

(2022/6/24 05:00)

「日本の植物学の父」と呼ばれる植物学者の牧野富太郎氏を主人公にしたドラマが来春から放映されるとあって、地元の高知県では経済効果への期待が高まっている。足跡をたどることができる植物園への来場者は、すでに増加傾向にあり、施設側は駐車場拡張など準備を急ぐ。

東京とのゆかりも深く晩年、居を構えた練馬区の邸宅跡を訪れる人も多い。知的好奇心をかき立てられた人が、高知と東京を往来する姿が目に浮かぶ。

観光需要の喚起は景気浮揚策の一つになる。政府は7月上旬にも新たな旅行支援策を始める方針だ。近距離旅行を支援してきた「県民割」を全国各地への旅行を対象とする制度に切り替え、補助額の上限も引き上げる。

ただ、その中身は非常に分かりにくい。そもそも中断したままの「GoToトラベル」とどう異なるのか分かりにくい。東京都が都民を対象に7月末まで独自に実施する旅行割引キャンペーンも、8月以降に継続するかは未定だ。

長く続いたコロナ禍での行動制限で、旅への意欲は高まるばかりだ。地域経済の立て直しにも一役買う、これら施策が利用者にとっての「分かりにくさ」を理由に、無用な混乱を招くことだけは避けたい。

(2022/6/24 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン