INDUSTRIAL TRENDS AD

エレクトロニクス ニュース

(2017/4/12 05:00)

東芝、異例の「意見不表明」決算 4―12月期 当期赤字5325億円

東芝は11日、監査法人の「適正意見」が付かない形で、2016年4―12月期連結決算を発表した。監査法人との意見相違が続く中、異例の対応で3度目の決算延期を回避した。ただ東京証券取引所は適正意見のない報告書の提出を、上場廃止につながる重大案件の一つとする。東芝の会計不信は深まってい...

東芝の上場維持に“赤信号”−東証、審査の目厳しく

東芝が経営不信を払拭(ふっしょく)できずにいる。11日提出した2016年4―12月期連結決算報告書は、監査法人のお墨付きのない「意見不表明」という不完全な形とな...

続きを読む

東芝、建設事業の子会社化検討−エネ・社会インフラ領域

東芝は11日発表した2016年4―12月期連結決算短信で、初めて「継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象または状況が存在している」と注記した。エネルギ...

続きを読む

東芝決算/監査法人「意見不表明」、地銀など高まる不信感

監査法人の「意見不表明」による異例の決算発表は、一部の取引金融機関の間で高まっている不信感の払拭(ふっしょく)にはつながらないようだ。「銀行団の揺るぎを最小化し...

続きを読む

経産相、主導を否定−東芝メモリ出資案

世耕弘成経済産業相は11日の閣議後会見で、東芝の半導体メモリー事業の売却交渉について「経産省が(出資を検討する企業の)間に入ってどうこうするということは、基本的...

続きを読む

アルプス電、欧米市場にIoT標準製品-6月からセンサー群投入

アルプス電気は2017年度内にIoT(モノのインターネット)向け標準製品を海外市場に投入する。6月から欧州地域や北米地域を中心に、無線通信「ブルートゥース」が可...

続きを読む

浜松ホトニクス、世界最小の高圧電源モジュール開発−計測機器の小型化ニーズに対応

浜松ホトニクスは11日、世界最小サイズの光電子増倍管用高圧電源モジュールを開発したと発表した。医療用簡易検査や空港の手荷物検査用など、計測機器の小型化ニーズに対...

続きを読む

エレクトロニクスニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

よくわかるSOLIDWORKS演習
-モデリングマスター編-<改訂第2版>

よくわかるSOLIDWORKS演習 -モデリングマスター編-<改訂第2版>

きちんと学ぶレベルアップ機械製図
-ベテラン設計者が教える基本から実践まで-

きちんと学ぶレベルアップ機械製図 -ベテラン設計者が教える基本から実践まで-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいバルブの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいバルブの本

実践 エンジニアリング・チェーン・マネジメント
-IoTで設計開発革新-

実践 エンジニアリング・チェーン・マネジメント -IoTで設計開発革新-

人間とロボットの法則

人間とロボットの法則

ディープラーニングがロボットを変える

ディープラーニングがロボットを変える

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門紙・海外ニュースヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン