ICT ニュース

(2017/8/23 05:00)

富士通、携帯端末事業売却へ 格安スマホに苦戦

富士通は2016年に分社したスマートフォンなど携帯端末事業について、売却する方向で調整に入った。投資ファンドや端末メーカーなどと近く交渉に入る見通し。携帯端末事業は現時点で黒字ながらも、格安スマホのSIMフリー端末に押されて苦戦。パソコン事業に続いて、抜本改革に向けて大ナタを振る...

手書き文字認識、AIで99% コージェントラボがデータ化システム開発

コージェントラボ(東京都渋谷区、飯沼純、エリック・ホワイトウェイ共同代表、070・1186・2871)は、人工知能(AI)技術を使い手書きの文字を高精度にデータ...

続きを読む

マウスコンピューター、家庭用IoT参入 スターターキット発売

マウスコンピューター(東京都中央区、小松永門社長、03・6739・3811)は22日、家電などを遠隔操作できるIoT(モノのインターネット)機器事業に参入すると...

続きを読む

富士通、機械学習で購入者誘導−画面動作を自動化

富士通はウェブサイト上での利用者の行動を機械学習で把握・学習し、商品購入などの利用者の興味に合わせた操作に導く画面動作自動化サービス「サイトブースター」を始めた...

続きを読む

澪標アナリティクス・井原社長とアラヤ・金井CEOに聞く、AIブームのあと

人工知能(AI)がブームとなり、企業にとってAIの導入を検討することは当たり前になりつつある。だが、AI技術を持つ相手の企業の技術力がどんなものか見定めるのは難...

続きを読む

衛星から駐車台数推定−パスコ、工場・施設の稼働情報など提供

航空測量最大手のパスコは人工知能(AI)を使い、衛星画像から駐車場の駐車台数を推定する新事業を2018年3月期めどに始める。人工衛星で撮影した駐車場の画像をAI...

続きを読む

VRで手軽に消火体験−NEC、団体・企業向けシミュレーター発売

NECは仮想現実(VR)技術を活用し、リアルな映像で火災や煙を再現したソリューションセットを9月に発売する。価格は1セットで100万円(消費税抜き)から。全国の...

続きを読む

ICTニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン