機械 ニュース

(2018/3/29 05:00)

JUKI、今期40億円の設備投資 IoT活用で効率化支援

JUKIは2018年12月期の設備投資を前期比2倍の40億円に引き上げる。IoT(モノのインターネット)の進展で、機器のデータを活用して生産を効率化する需要が高まり、従来の機器単体の営業からネットワークを含めたシステム販売に力を入れている。投資の増額はシステム提案の強化などを目的...

代替フロン洗浄液の蒸発抑制 ジャパン・フィールドが装置開発

ジャパン・フィールド(埼玉県新座市、内野正俊社長、048・479・7331)は、洗浄機の非稼働中に代替フロン洗浄液が蒸発して減少するのを抑制する装置「ウォーター...

続きを読む

インタビュー/グローリー社長・尾上広和氏「海外、機械化に期待」

3月に創業100年を迎えたグローリー。金融機関向け窓口入出金機で世界トップシェアを持つ。生産ラインへのロボット導入で必要なシステムを提供するSI事業にも2017...

続きを読む

IHI、アンモニア混焼に成功 火力発電燃料に実用化めど

IHIは28日、石炭火力発電の燃料である微粉炭とアンモニアの混合燃焼試験で、世界最高水準となる熱量比率20%のアンモニア混焼に成功したと発表した。同試験で石炭火...

続きを読む

挑戦する企業/コマツ(16)工場の省エネ化

コマツによると、建設機械が生産されて、建設現場で稼働し、老朽化して解体されるまでの二酸化炭素(CO2)の排出量のうち、生産時の排出は全量の2%にすぎないという。...

続きを読む

モノづくり現場・エレクトロヒート技術最前線(15)神奈川県秦野市

◇下水汚泥乾燥設備 神奈川県秦野市は県央西部に位置する人口約16万5000人の地方都市だ。1981年に供用を開始した秦野市浄水管理センターはうち10万人分に相...

続きを読む

城洋、鳥取に新工業 航空機エンジン部品など生産

【姫路】城洋(兵庫県姫路市、角田城治社長、079・245・0598)は、鳥取市の山手工業団地内に新工場建設を正式決定した。28日に鳥取市と鳥取県との間で協定書を...

続きを読む

機械ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる