機械 ニュース

(2018/5/28 05:00)

ファナック・三菱電など、経産省と協力してIoT基盤の連携実証 20年度仕組み確立

ファナックや三菱電機など複数の生産設備メーカーが経済産業省と協力し、各社のIoT(モノのインターネット)基盤(プラットフォーム)の連携に向けた実証プロジェクトを立ち上げる。生産データの形式(フォーマット)などを共通化する仕組みを検証する。工作機械やロボットなど生産設備分野ではIo...

ジェイテクト・三菱重工、工作機械の提携協議中止

【名古屋】ジェイテクトと三菱重工業は工作機械事業の提携協議を中止した。両社は2017年12月に工作機械事業の提携協議に入ると発表。ジェイテクトが三菱重工子会社の...

続きを読む

工作機械21社の通期見通し、売上高最高も慎重姿勢

工作機械主要各社・部門の2019年3月期見通しは、部品不足による納期の長期化と原材料高が収益拡大の重しだ。世界的な設備需要の盛り上がりを受け、好決算を予想する企...

続きを読む

エステック、「H3ロケット」部品量産 工場8倍に拡張

【静岡】エステック(静岡県清水町、鈴木誠一社長、055・972・7003)は、エンジン部品を中心とする航空・宇宙分野を拡大するため、新工場を同町内に建設し、9月...

続きを読む

住重、伊ラファート買収 欧で産業用モーター開拓

住友重機械工業はイタリアの産業用モーターメーカー、ラファートを買収する。オーナー一族から約220億円で株式を取得し、6月下旬をめどに100%子会社化する。住重の...

続きを読む

キャステム、タイで精密鋳造部品の新棟 比は集約・増設

【姫路】キャステム(広島県福山市、戸田拓夫社長、084・955・2221)は、東南アジアで精密鋳造部品の生産能力を増強する。2019年3月をめどにタイ工場に新棟...

続きを読む

エスペック、環境試験器 低環境負荷の冷媒採用

エスペックは地球温暖化係数(GWP)が従来の約3分の1と環境負荷が少ない冷媒を採用した環境試験器を9月に発売する。マイナス40度―プラス120度Cまでの環境下で...

続きを読む

機械ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる